土と、人と、地域と、仕事と。

分断された結びつきを「福祉」を通して再生し、地域の暮らしと経済を支えたい。

担い手不足の農業を障害者の活躍の場として、魅力あふれる地域産業とします。

農福(のうふく)連携の可能性

障害者や高齢者などが農業に携われるよう、国や自治体、法人などがそれを支援する取り組みで、農福連携の取り組みが進むことで、障害者や高齢者、生活困窮者の働き口を創出できるとともに、農業分野では高齢化による後継者・働き手不足の問題を解消できると期 待されている。 

 

農家側のメリット

1.. 労働力不足の解消につながる

2. 社会貢献によるQOL(Quality of Life)向上

​3.. 人と人との交流が盛んになり地域活性化につながる

 

障害者側のメリット

1. 障害者の作業能力を考慮した仕事設計が可能

2. . 自然のなかに身を置くことで身体的・精神的にプラスの効果を得られる

3. 一般就労への移行につながる

4. 社会コミュニティへの参加機会を得られる